日計りで取引する投資家

sdfj8438 デイトレーダーとは、株式市場、債券市場、FX市場において、日計りで取引する投資家のことをいいます。基本的にデイトレーダー一日の中で売買を繰り返していきます。そして取引を翌日に持ち込むことは基本的にはしません。長期間取引などに比べると、一回の利益はそんなに多くありませんが、その利益を一日の内に積み重ねていく手法です。

デイトレーダーになる人は、ネット証券が浸透しだした2000年の初頭から増加していきました。現在は昔に比べるとネット証券の数も飛躍的に増えて、ツールの方もコンピューターの技術が進化したおかげで随分と高機能なものが増えました。また、売買手数料の方も昔に比べると随分とお買得になった気がします。ネットトレード黎明期の頃は、この手数料も今に比べるとだいぶ割高でした。

さて、デイトレードの魅力についてですが、まず毎日取引することができるので利益を得る機会がたくさんあることがあることがいえます。取引の時間であれば、いつでもパソコンの証券会社の取引ツールを使っていつでも金融商品の売買ができます。日本株は日中しか基本的には取引していませんが、アメリカの株などは夜間自由に取引することができます。

また、FX取引においては、基本的に24時間取引をすることができるので、仕事を持っている方でも家に帰ってくれば自由に取引を楽しむことができるのです。それに加えて、デイトレードの手法をとれば、長期保有に比べると投資リスクをより少なくすることができます。これは、どういうことであるかというと、長期保有の場合では、一回の投資によって利益を多く獲得できる場合もあるのですが、逆に大きな損失を被る場合もあります。

ですがデイトレードは、短期保有となるので、一回の投資の利益が少ない分、逆に損失となった場合でも損は大きくならないという利点があります。このあたりはハイローオーストラリアのバイナリートレードと似ています。いきなり、デイトレーダーの実践をしたいという人もいるかもしれませんが、私のおすすめは、初心者の方はデモトレードから始めるのがいいと思います。株式投資をしたい人なら、証券口座を開くと会社によってはデモトレードを体験することができます。

FXをしたい方なら、特に口座を開かなくても使える証券会社の取引ツールもあると思います。初心者の方が最初から、実戦経験を重ねるというのもいいことだとは思いますが、最初は必ず損を重ねることが多くなると思いますので、慣れるまではデモツールを使って訓練することをおすすめ致します。そこでいろいろ勉強することで、長いデイトレードの生活を楽しみましょう。